好き女性の泣き顔などを確認しようとしない

好きな女性の泣き顔を見ようとしない

女性側の心理としてそもそも泣いている時の顔とは、男性側に最も見られたくない顔であります。

顔の血管などが浮き出てしまうし、鼻水などが垂れて来てしまう為、ダラダラと流れ出て来てしまいます。

挙げ句の果てには自らの顔へときちんと施したはずのメイクなどが、かなり崩れて来てしまいます。

このような可笑しくなってしまった泣き顔などを、しっかりと確認しようとする行為そのものが逆効果であり、相手の女性を恥ずかしい思いなどにさせてしまいます。

その為には以下のような対処方法などを実施して行く事が、好印象を与える為には肝心となって来ます。

1.なるべく泣き顔が直接見る事などが出来ないエリアなどに移動したりする。

2.出来る事ならば部屋の照明などを暗くしてあげたりする。

3.わざと後ろ側に向いてあげるようにする。

4.泣いている女性の後方へと敢えて回ってあげるようにする。

※これらの気遣いなどを積極的に実行へと移して行くなどが重要なポイントになって来ます。

・女性が泣く行為とは構ってアピールとは異なる

女性が涙を流して泣く行動を上手く駆使しながら、構ってアピールなどをして来る女性では、同情作戦などをしっかり熟知している、かなり男慣れしている性格の持ち主でもあります。

大半の女性達ではこの泣いたりする行為などを、まず演じながら活かして行く事などはしません。

女性側でも特に理由などが分からずに、ただ純粋な感情などが沸き起こって来て、その結果涙が自然とこぼれ落ちて来てしまいます。